さぁ、その手に魔法を

ドローン情報

皆さん、こんにちは!

太平自動車学校の秋田太平ドローンスクールです。

雪が積もり、雨が降り、足場が悪くなりを繰り返していますね😨

グループ会社の整備工場では連日事故車の搬入で大忙しとの事です。

皆さん、くれぐれも慎重な運転をするように心がけましょう。

又、秋田でも感染症が拡大しております。自動車学校でも感染に細心の注意を払い営業をしております。

消毒や検温へのご協力引き続きよろしくお願いします。

さて、本題でございます!

いやー変なタイトルでごめんなさい😂

これはDJI Pocket2のキャッチコピーなんです。

何かグッときません?

ダメか。

さて、Pocket2とはなんぞや?

簡単に言うとアクションカメラです!

もっと簡単に言うと手ブレを防止したカメラです!

スマホカメラでは高画質で撮影出来ても結構ブレますよね。

いい写真が撮れたと思って写真フォルダー見返すと「あれれ?」って思った事ないですか?

私はしょっちゅうあります!

Pocket2では、そのブレる部分をDJIお得意のジンバルを固定する事により明確に撮影するものなんです。

ジンバルとは、ドローンのカメラの映像が乱れないように衝撃を吸収したり、カメラの角度を変えたりする装置のことです。

この技術こそがDJIの真骨頂です!

詳しくはこちらから

リンク

ドローンに搭載されている機能をそのままハンディカメラにしたんですね~

商売がお上手。

◉写真モード

パノラマ撮影も可能。

自動で首を振り、9枚の写真を連続で撮影し、勝手に合成してくれるモード。

最近よくこんな写真を撮って投稿してる人を見かけません?

自動で合成してくれるから特別な設定はいらないので誰でもお気軽に一風変わった写真を撮れちゃうんですね~

Instagramをやってる人なんかは持ってると撮影の幅が広がりますよ!

◉動画モード

動画モードは実際に映像を見たほうが分かりやすいかもです

必殺、拾いYou Tube!

違いに気づきました?

全然ブレてないですよね!

これがスマホとPocket2の違いになるんですが、

実はピント補正にも強いんです。

瞬時にピントが切り替わってて確実に被写体を追っています。

◉スローモーション撮影

4倍、8倍に対応!

通常の動画から突如スローモーションに切り替わり「マトリックス」のような映像を😂

◉タイムラプス

写真を一定秒数ごとに撮影してパラパラ漫画のように仕上げる機能です。

これも良く見ますよね。

それに加えてハイパーラプスという機能も

とこんなにたくさん機能がついているんですね。

◉AI編集

これが一番すごい。撮った映像をAIが自動的に編集し、音までつけて再生してくれます。

いっぱい動画を撮ったり、写真を撮影したりすると写真フォルダーはすぐに満杯になりますよね。

そんな時にこのAI編集をして撮りためた動画は捨てましょう!!

思い出を切り取って編集して形んい残すのも大事です。

それが今の技術だと思います。

このPocket2

カラーはブラックとホワイトの2パターンで

定価は49,500円になります!

高いと思いますか??

スマホだとしたら安いし、デジカメだとしたら高い、でも一眼レフに比べたら安い☻

人それぞれだと思いますが、ドローンに興味のある方でしたら是非持って頂きたい商品です!

スクールでも購入可能です!

興味のある方はお問合せくださいませ~

本日はここまで

またの更新をお楽しみに~


ピックアップ記事

関連記事一覧