【再投稿】ドローンフライトナビとは?

免許・資格・法規制など

皆様、こんにちは!
太平自動車学校の秋田太平ドローンスクールです。

寒いですねぇ・・・
2月4~6日の講習に向けて準備していましたが、カラーコーンが倉庫前に雪が大量で取り出せなくて
泣きそうなレベルでございます(*´ω`)
後、3日で溶けないかな。

さて、本題でございます。

前にも投稿しましたが、詳細を教えてほしいとの事で再度掲載します。

             ↓↓リンク↓↓

良かったら過去記事もご参照くださいな!

「ドローンフライトナビ」

つまり、何かと申しますと、

現在自分がいる場所がドローンを飛行させてもいいのか飛行禁止エリアなのかを教えてくれるアプリなんですね!

ドローンには飛行出来る場所の制限があります。

ざっくり

・空港周辺

・人口密集地域

・150m以上上空

・緊急用空域や国が定める重要な機関・建物

・日の出から日没以外の時間帯

上の青字の部分は全てこのドローンフライトナビで確認する事が出来るんですね!

ちなみに150m以上の上空はそもそもドローンを飛行する時に設定するので、自身で確認する必要はありませんよ~☺

ピンクの部分が人口密集地区です。

このような表示がされた場合は飛行出来ませんのでお気をつけください

又、下の部分に日の出ろ日の入りの表示がありますよね?

これが「国立天文台」で発表する時刻になります。

この時間の間でしかドローンを飛行出来ませんので気をつけてくださいね~

この時刻は各都道府県、市町村によっても違います。

そしてこれが、空港周辺になります。

この周辺では一切の飛行が禁止です!

例えおもちゃドローンであっても!

緑色の中に黄色の部分があるのが分かりますか?

この黄色の部分が、国が定めた重要な施設になります。

男鹿にもありますね~

じゃあ、これは何?って聞かれると分からないのですが・・・

いずれにせよ、国ではここは飛ばさないでってなっているので飛行させないようにしましょうね。

このような重要な施設や飛行禁止エリアなど

自分ですぐに判断出来ませんよね💦

それらを補佐するのが「ドローンフライトナビ」と思って下さい!

Appストアから購入出来ます【無料です】

ちなみに、Androidの方は

「ドローン飛行チェック」

という名前で検索してみてくださいね~!

最近、ブログを見てくれる人も増え、投稿について聞かれる事も増えてきました。

疑問に思う事や不明な点はいつでもお問合せください!

営業日2日以内には返信出来るように頑張ります!

2月4~6日は返信遅くなると思います( ´艸`)

本日はここまで

またの更新をお楽しみに~


2月の予定

リンク
ドローン年間スケジュール令和4年上半期

ピックアップ記事

関連記事一覧